麒麟が来る」 ゆかりのある土地坂本 (NHK 大河ドラマ)

ご紹介しているのはご当地へ来てさまざまなお楽しみの中でペンションアルヴィラ近江舞子が皆様にご提案とするものです

 image Lightbox ROGO Lightboxを使用しております   使い方は ここ image Click  で参照
 下の写真は 任意のものをタッチ(クリック)で拡大いたします  
   

大河ドラマ「麒麟がくる」で ゆかりのある土地 昔 山中越で京都に通じる交通拠点であった 現在の「大津市坂本」
「坂本城」は織田信長から司令を受け、明智光秀が比叡山麓の坂本の地に築城させたものです。
現在では坂本城は「豊臣秀吉」に焼き討ちに合った為に 残念ながら痕跡は残っていません。

西教寺は坂本の人々を守り愛した明智光秀の菩提寺
明智光秀の墓があるのは 西教寺です

続きがあります…

西教寺は大津市坂本地区にある天台真盛宗(しんせいしゅう)の総本山で、日本全国に400ヶ所余りの末寺を展開しています。聖徳太子が開いたという説もありますが、室町時代に同宗祖の真盛上人(しんせいしょうにん)によって発展しました。
ご本尊の阿弥陀如来像は重要文化財に指定されており、堂々たる構えの総門は、戦国武将の明智光秀公が坂本城から移築しました。なお、東京都文京区や広島県呉市・徳島県美馬市にある同名の西教寺は、浄土真宗本願寺派のため無関係です。

比叡山焼き討ちの際にはここ大本坊も焼失しましたが、光秀公が居城とする坂本城の陣屋を、建物として寄進し再建されました。こちらには西教寺のために力を尽くした明智光秀公と妻 煕子の御木像が安置されています。
庭園は江戸時代以降に整備され、山や水の流れを模した枯山水の石庭となっています。昭和時代に入って、1958年に改築されたその後も何度か改築の手が入りましたが、滋賀県内にある昭和の木造建造物としては最大の規模を誇ります。
--// 上の写真4枚と文章 tabiyori 旅日和 より参考にさせていただきました ありがとうございます https://wondertrip.jp/1046461/ end //--

※ ご利用料金条件などは直接お問い合わせくださいませ


このページを閉じる

先に見ていたページの場所へ戻る  

Alvilla omi-maiko & Astec  (C) 2020~  .All rights reserved.